VIVA!新生活

楽しみな新生活を始める前にここをチェック!

古家付きテナント付きの物件

古家、テナントビル付きの土地物件を家族が所有しています。
築年数がかなりありますが、テナントビルはまだまだ現役で頑張ってくれています。
木造一戸建ての家屋はさすがに老朽化が目立ってきました。
所有する家族が高齢になってきたため、管理を不動産会社に委託し、
細かい手続きなどは私が請け負っています。
近隣にあった総合病院が規模を大きくすることになり、
周辺の家や事務所などのビルが次々と病院へ売却されていっています。
自分の物件にも何度も売却の話を持ち掛けられていたのですが、
家族の意向で断ってきました。
隣の物件も売却の話を断っていたのですが、最近ついに売却したようで
現在、更地になっています。
間口が狭く、重機の入りにくい地形のため、隣の物件を解体するのにかなりの費用がかかったことを知り、
今までは断ってきた売却の話を真剣に考えるようになりました。
木造二階建ての家屋が一軒に、鉄筋コンクリート四階建てのテナントビルなのですが、
売却・解体となるとどのくらの費用がかかるのか、
また、現在入居してもらっている店舗に保障をしないといけないのかと
課題は山積みです。

引越しの時の家具の扱いについて

引越しをするというときに、一番重要なものとなってくるのが、家具の数です。
数が少なければ、それだけ費用を抑えられますし、いらないものがあるというときは、この際思い切って捨ててしまうというのもよい手段でしょう。
何よりも部屋を広く感じさせることができますし、使わないものは置いておくだけ無駄だといえます。
また、家具が多くて捨てられないときは、きちんと見積もりを頼むことが重要です。
引越し会社によって、かなり金額が変わってくると思いますので、少しでもお得にしたいと考えている場合は、とても重要なことになってきます。
見積もりを取ってみて、しっかりと比較検討してから選ぶというのが一番よいでしょう。
引越し料金を詳しく見る



家具の大きさというのも重要で、あまり全体の荷物が多くないという場合でも、あまりに大きいものの場合は、トラックがワンサイズを大きくなってしまい、結果的に値段が高くなるということも十分あり得ますので、注意をしておきましょう。